日報

アクセスカウンタ

zoom RSS キャンプ備忘録(1日目)

<<   作成日時 : 2017/07/18 23:11   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

この3連休は天候にも恵まれ(暑かったけれど)、久しぶりにキャンプをしに行ってきました。
去年は忙しくて全く行けなかったので、2年ぶりのキャンプです。

メンバーは、ここ数年一緒に行っているいつものメンバーです。

*Mさん
*Iさん
*Iさん息子(小学生)
*私


我が子たち♂♀は、部活やらスイミングやら塾などがあり、カミさんが留守番となりました。
男衆4人での野営です。

バイクで行こうかとも思ったのですが、まだ梅雨明けしていないので天候が怪しいのと、今回のキャンプ場への最終アクセス路が片側絶壁の対向車すれ違い不可の林道となるため、ロードクリアランスが低く、ホイールベースの短い私のRoadkingでは危なっかしいので、やめておきました。

詳しくは、他人様のブログURLを張っておくので、そちらをご覧ください。
(手抜き!!)

https://plaza.rakuten.co.jp/papachanfamily/9001/
http://akasakaichiro.hatenablog.jp/entry/2016/11/01/213319
http://purplerain.naturum.ne.jp/e2162828.html


自分一人なので、キャンツー同様に必要最小限でも良かったのですが、クルマなので少し荷物を持って行くことにしました。
結局はクルマから出さなかったアイテムもあるのですが。

1週間前に、ある程度の荷物は点検して準備しておきました。
ここのところ忙しいのが目に見えていたので、前日までに準備しておくことは不可能。
当日の朝に準備することになるので、友人達には、予め、そんなに早くには出られないことを伝えておきました。

あまり朝早い時間帯からガタガタやっても近所迷惑だし。

それでもまずは家の中で準備できるものから始めました。
ある程度はパッケージになってはいます。
1時間かけて積み込みまで完了。

積み込みのコツにはいくつかありますが、テントとタープは比較的すぐに出せる位置に積んでおきます。
まずはタープとテントを立てて陣営を決め、そこに荷物を降ろしていきます。

あとは手前に積んで置くのは、クーラーボックスです。
キャンプ場近くのスーパーで食料品や飲料(お酒も)を買って積み込むからです。
キャンプ場近くとはいっても、片道30分以上かかることが多いので、なるべく食材が傷まないようにです。

画像


今回は一人分なので、スッカスカです。
これが4人分だと、後ろが見えないほどギッチリ積み込み、ルーフボックスもほぼ満載になります。


8:00amちょい過ぎ、まぁ予定どおりって言えば予定どおりなのですが、出発。
待ち合わせのキャンプ場最寄スーパーへの到着予定時刻は10:30amと、LINEで送っておきました。


常磐道→北関東道→東北道と走っていくのですが、渋滞こそはありませんでしたが、3連休ともあって、交通量が多かったです。
まぁ飛ばせても法定速度巡航です。


予定どおり10:30amに待ち合わせ場所のスーパーに到着しました。
まずは買い物。
キャンプ中は基本的に買い出しに来ないので、とにかく目ぼしい物はシコタマ買い込みます。


キャンプ場に向けてヒタ走ること30分ぐらいかな。
キャンプ場にアクセスする最終林道の入り口が分かり難く、ちょっと行きすぎましたが、上記ブログのお陰で引き返してすぐに分かりました。

対向車が来ないことを祈りながら林道を進みます。
国産ミニバン最幅広である我が車は轍の外側を走るような感じです。


対向車に遭遇することなく、お墓を2軒通過して、キャンプ場到着(12:00pm頃)。
チェックインして、管理人のオジサンとオバサンから施設の説明や注意事項(一般的・常識的なことです)を聞いて、指定された場所に陣営設営しました。
もうこの時点で暑くて暑くて、ただでさえ新陳代謝が良い私は全身ズブ濡れの汗です。


約1時間ぐらいで陣営の形になりました。
今回、皆さんテントは小さいし、荷物も減らしていましたからね…。
私もキャンツー用のテントです。

画像



とりあえずここで昼食を…。
管理人のオジサンが打つ蕎麦が有名らしいのですが、事前予約制だそうで今日はNG。

陣営で何か自炊することにしました。
とりあえず私は冷えた金麦を1本(350mL)。
インスタントラーメン(豚骨)にしました。

画像



ちなみに私のテント。
1〜2人用なのですが、大人+小学生なら何とかなります。
但し荷物は室内に置けません。

大人+大人は無理です!!
特に夏は暑苦しくて、マジで無理でしょう。

キャンツーとはいえ、大人+大人で必要最小限の荷物を室内に置くなら、最低でも3人用でしょう。
欲を言えば、着替えのために中で立てて、3〜4人用が欲しいところです。
まぁ今はこの手のテントは安価になってきたし、比較的ゆとりがあっても収納時はよりコンパクトになるものが出ているので、そのうち買い替えようかと思います。

ま、今回は私1人だったので、室内に荷物や扇風機(ポータブルバッテリーを含む)を置いても、なんら支障はありませんでした。

画像



少し川遊びをしました。
冷たくて気持ちが良い。
魚が泳いでいるのが見えます。
澄んでいて気持ちが良いです。

画像

画像

画像



夕方からは少し涼しくなってきました。
腹も減ってきたので、酒の肴を作りながら、マーッタリとダラダラと、呑みながら、食べながら、喋りながら、宵の宴を楽しみました。

画像

画像

画像

画像



管理人さんのオジサンは本業(副業?)で大工か何かをやっているようで、建築廃材が山ほどあります。
「焚火に思う存分使って良いよ」
ということでした。
なので、今回持参した薪は1本も使うことがなく、プラケースの中に入れたまま、次回(いつ開催?)のために物置に入れておきました。

画像



ちなみに敷地内に露天風呂があります。
16:00〜22:00ですが、100円を払うとシャワーだけなら日中もOKだそうです。

利用者グループ毎に貸し切りです。
これなら下の子♀を連れて来ても良かったかな。

管理人のオジサンが声を掛けて廻ってくれるのですが、小さな子供連れが優先という感じでした。

画像



この日は皆さん疲れたのか、気付けば私一人。
「とりあえず寝るか…」
と、歯を磨いて、夜中に雨が降っても良いように、タープ下に荷物を纏め、濡れてはマズイ物をプラケース等の上に上げてテントに入りました。

時計を見ると22:00でした。
ちょっと個人的には、
「まだ22:00なんだ…」
という感じです。

夜中に雨が降るとマズイので、テントのフライシートは閉めておきました。
でもこれが失敗!
夜中は暑くて汗ダクで寝ていました。
ベンチレーターだけは開けていたのですが、それだけではダメですね。


続きは次号へ。
でも、再び忙しさから、タイムリーに更新できるかどうか分かりません。
あしからず。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャンプ備忘録(1日目) 日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる